坐骨神経痛 症状

坐骨神経痛の代表的な症状

坐骨神経痛の治療法としびれ改善法

坐骨神経痛症状について解説します。 坐骨神経痛の痛みとして現れる部位は主に、 「お尻・太ももの裏・すね・ふくらはぎ」と現れてきます。 一部分として限定して痛みが走るケースもあり、 または脚部全体として現れるケースもあります。 以下に坐骨神経痛の痛みと、それに伴う症状を挙げてみます。 @腰、臀部の痛み A太ももの裏、足の下方への痛みとしびれ B体を動かすと痛みやしびれが悪化する C痛みのために歩行困難となる D足に力をかける事が困難となる E足の筋肉が左右の足と差が出てきてしまう 人体の坐骨神経は長く臀部から脚部へと広範囲に行き渡る為、 とても重要な位置を占めています。 この坐骨神経がどの部位で障害を起こしているのかによって、 症状の質・程度、またはどの範囲に渡っているのかが理解できるのです。 具体的な症状に言及すれば、腰や尻などに筋肉の緊張がみられるケースや、 片方の尻や下肢に痛みやしびれが走るケースもあります。 また神経痛の名前の通り痛みが主な中心と思われがちですが、 熱感・冷感・痺れを伴うのも特徴の一つです。 片足のみの冷感やくるぶしのみの冷感も伴い、 この冷えた所を暖めても改善しない状態は坐骨神経痛症状と考えられます。 軽度の痛みと冷感や熱感の場合、筋肉痛の足の疲労であると混同しがちですが、 実際に診断してみると坐骨神経痛と診断されるケースが多いです。 この坐骨神経痛は主に片側の脚に症状として現れますが、 両側にも症状が現れた時は早急に病院に行きましょう。 悪化すると肛門の痺れや排尿障害を起こす場合もあります。 次に坐骨神経症の原因をご説明いたします。 主なケースとしてはぎっくり腰が悪化して腰痛が慢性化したもの、 または梨状筋症候群があげられます。 梨状筋は股関節から足先を外側に向けさせる働きがあり、 仙骨から足の付け根に走っています。 この梨状筋が炎症や過度の緊張状態になると、 その下に走る坐骨神経を刺激・圧迫して 脚の神経の線上に沿って痛みが走ります。 そして最近増加しているのが椎間板ヘルニアが原因となる坐骨神経痛です。 これは腰椎の椎骨の間にある衝撃吸収材の役割を果たす椎間板が 限界を超えて表に出てしまう状態を指します。 飛び出した椎間板が脊椎に並ぶ神経束を圧迫し、 圧迫された神経が痺れてしまい、結果的に痛みとして症状が現れます。 坐骨神経痛症状で注意しなくてはならないのが、ヘルニヤが長期的に神経を刺激・圧迫すると 炎症を起こし神経根炎となります。 治療を施さないと周辺が繊維化や癒着等を発生し、元の状態に戻らなくなるので 早期の発見が鍵となります。